池田富一がネットショップ利用の上で思う事

池田富一です。

便利な世の中になりましたよね、本当に。欲しいものを外出しないでポチっとワンクリックで購入することができる。

ちょっと前から、AmazonがDash Buttonというワンプッシュで注文することのできるボタンまで販売していますよね。お気に入りのの商品、日用品など、わざわざパソコンやネットを開かずとも注文することができるのでこんなに便利なことはありません。

ティッシュや飲み物、ベビー用品、洗剤やポテトチップスなどのお菓子まで。すごい時代になりましたね。買い物は便利になりましたが、そのしわ寄せがすべて宅配業者に来ていると感じることも多くなりました。

Amazonだけではなく、楽天やアパレル通販のZOZOTOWNなどもそうですが、翌日発送だったり送料無料など、可能な限り安く、早く、時間の指定の通りに、といった消費者にとっては便利ですが、宅配業者にとっては鬼のように業務量が増えたのではないかと心配です。

恐らく、便利に便利にとショップの方が宅配業者にそれだけのお金は払っているのでしょうが、そのお金が実際に稼働している宅配マンの元へも流れているとは思えません。

実際、忙しすぎて商品の段ボールに当たり散らす宅配業者なんかも目撃されニュースになっていたのがありましたね。(引っ越し業者だったかもしれません)
安い賃金で働かせ、上が搾取していくんです。まぁどの業界もそういうものでしょうが、宅配業者は特にそう感じることが多いですね。

ただでさえ宅配業者の人手不足なんか言われていますが、このままでは人がいなくなりこの業界自体が崩壊しかねないです。便利を追い過ぎたからこそ、こういう結果になっているわけですが、池田富一自身もネットで注文して宅配してもらった時に「宅配業者の人大変だろうな」と考えたら時間指定に遅れても何も言えませんし、逆に労わってあげたいという気持ちになります。

しかしそれもどうなのでしょうか?時間指定をさせておきながら時間通りに来ないんですよ。意味ありませんし、届けてくれる人というかその上の方々がやはりしっかり考えなければならないと思うんです。
一人に対して、多くの荷物を預けすぎるだとか、担当地域が広すぎるだとか。

現在のネット社会には宅配業者は必要不可欠なので、もっと大きく構えて、送料無料サービスをやめてみてはどうでしょうか?

と、一般消費者池田富一からの意見でありました。(笑)

池田富一

関連記事

ピックアップ記事

  1. ■アイデアのつくり方ビジネスにおいて何がもっとも重要か、という話はしばしば議論になることがあります。…
  2. イワサ物流は1970年創立以来、輸送・保管・荷役・ピッキング・物流加工・梱包・物流コンサルティングを…
  3. リードワンプロモーションは新人の発掘に力を入れています。そのため、素晴らしい人材を確保するために、新…
ページ上部へ戻る